意外と知られていない石垣島北部の魅力!

石垣島最北端の平久保崎に行こう!

石垣島の中心街から約40km離れた平久保崎には、高さ13.7mの白い小さな灯台があります。南国特有の青々した海を背景に、濃い緑の中に立つ白い灯台は、きっとあなたの心を癒してくれることでしょう。
灯台のたっている丘から、右手に太平洋、左手に東シナ海を眺めることができます。近くの明石集落にはパラグライダー体験ができる施設があるので、平久保崎の灯台の上にもパラグライダーが飛んでくるでしょう。夕方は観光客も少なくなり、東シナ海に沈む夕日を静かに楽しむことができます。日没時には灯台にも灯がつきます。日没後はほとんど灯がなく真っ暗となりますので、きれいな星空を眺めてください。時期によっては、本土では見られない南十字星を見ることもできます。

沖縄県の最高峰に登ろう!

沖縄県の最高峰は、意外にも沖縄本島ではなく、石垣島にあります。「於茂登岳」という山で、標高は525.5mしかありません。南国らしい熱帯雨林の風景の中を歩いていくと、様々な昆虫や生き物に会うことができますし、豪快な滝を見ることもできます。登山道の途中で何カ所か森が開ける場所からは、沖縄らしい青い海を眺めて疲れを癒しましょう。頂上には、「沖縄県ーおもと・おつかれ」の看板と大きなアンテナ塔があり、石垣島北部の稜線を一望できます。標高が低いと言っても、思いのほか急な登山道ですので、ビーチサンダルでは危険です。ペットボトルの水と食べ物を持って、スニーカーなどの靴を履いて登ってください。沖縄最高峰に登ったという土産話にできるでしょう。

久米島のツアーを契約するうえで、料金設定や滞在時間、スケジュールなどに注目をしながら、旅行代理店と相談をすることが有効です。

© Copyright Discover New Sights. All Rights Reserved.